DESIGNER:
ARASHI YANAGAWA
SINCE:
2003 -

JOHN LAWRENCE SULLIVAN

メンズウェアの基本コンセプトをウィメンズに落とし込み、強さとエレガントさを併せ持つマスキュリンなスタイルを提案

ブランド名は、アメリカのヘビー級チャンピオンであった伝説のボクサー”JOHN LAWRENCE SULLIVAN”
その強さ、人格、威厳、決してチャレンジから逃げないその姿勢へのオマージュとして命名される。
2010SSシーズンよりウィメンズコレクションをスタートし、テーラードを軸としたメンズウェアの基本コンセプトをウィメンズに落とし込む。

2019SSコレクションのインスピレーションソースは、70年代後半から80年代の音楽ムーヴメントであるポストパンクとニューウェーヴ。
そこに、ブランド得意とするテーラリングやストリートのエッセンスを融合させたのである。
ニューウェーブのアイコンのひとり、デペッシュ・モードのヴォーカル、デイヴ・ガーンをキーパーソンとし、ガーンが80年代によく着ていたスタイル、
ミッドリフ丈のトップスにレザーパンツ、ジャケットというスタイルを引用。

ARASHI YANAGAWA
柳川 荒士
プロフェッショナルボクサーとしてキャリアをスタートさせた。その後、以前から抱いていたファッションへの情熱が彼を動かし、ファッションブランド “JOHN LAWRENCE SULLIVAN”を2003年に設立。ブランド名は、アメリカのヘビー級チャンピオンであった伝説のボクサー”JOHN LAWRENCE SULLIVAN”の強さ、人格、威厳、決してチャレンジから逃げないその姿勢へのオマージュとして命名された。

READ MORE

CLOSE

MENS

WOMENS