DIRECTOR:
AYUKO HAMANAKA
SINCE:
2018 -

Uhr

To wear Uhr, to wear time 服を着ることは時間を着ること。

1日の始まりに、その日の気温や行く場所、会う人を確認して服を選ぶ。何かや誰かを思いながら、服を選ぶ。
そんな風に私たちの日常にはいろいろな「時」と「服」の関係があり、そこには必ず思い出の服がある。
時とともに変化し、時とともに深化する。人生の中での様々な「時」に記憶されていく存在になることが、< Uhr(ウーア)> の願いです。

AYUKO HAMANAKA
濱中鮎子
大学を卒業後、大手セレクトショップに入社。PR、ブランドディレクターを務めたのち、2016年秋に退社。その後2018年春夏コレクションより、自身がディレクターとなるブランド「Uhr(ウーア)」をスタート。

READ MORE

CLOSE

MENS

WOMENS