DESIGNER:
KOHEI OKUYAMA
SINCE:
2013-

BATONER

ニットの産地として知られる山形県で、様々なメゾンブランドやアパレルメーカーの製品を手掛けてきた奥山メリヤスのファクトリーブランドとして2013年にBATONERは 立ち上がりました。
BATONERから送り出されるニットウエアは、原料から製品に至るまですべての 工程を高いクオリティで管理し、仕上げられています。
シンプルでありながら存在感があり、懐かしくも現代的。
原料の仕込みから長い時間をかけ試行錯誤し、編み目を追及する事でありそうでない 商品の生産が可能となっています。
日本が世界に誇る技術と伝統を次の世代へと受け継がれるモノを作り続けていきます。
先人が築き上げてきたモノを失うことなく、次へと継承させるべくBATONERは未来を 見据えます。
ニット本来の製法と世界中から厳選した素材を使い、編み目のキレイな商品を追求し、日本が世界に誇るニットウエアブランドとして認められるその日が来るまで、日々技術を磨いています。

KOHEI OKUYAMA
奥山幸平
BATONERのデザイナーであり、奥山メリヤスの後継者。
1951年創業のニットファクトリー、奥山メリヤスにてニット作りの工程を10年経験し、その後アパレル会社にて企画にたずさわる。
再び、奥山メリヤスに戻り日本におけるニットウエアのファクトリーブランドの確立を目指し2013年よりBATONERを立ち上げ現在に至る。
BATONERはニットを作る工程において非常に希少性の高い伝統的な技法をデザインに落とし込み、ニットの一大産地である山形県の職人により生産されている。
ニットを作る上での全ての工程が山形県の村山地方には揃っており、風合い豊かな精度の高い商品をオリジナルで開発している。

READ MORE

CLOSE

MENS

WOMENS