DESIGNER:
SOICHIRO ITO
SINCE:
2001 -

Soe READY TO WEAR

「東京」という都市が持つ性質、カルチャー、スタイルを背景としたデザインを表現する。

2019AWコレクションは
現行タクティカルウェアのディテールや構造をベースとしたアイテム群と、
ヴィンテージの原型から派生させたアイテム群を混在させ、
クラシカルな素材感を様々なカラーコントラストで展開したコレクション。

メンズとウィメンズの区分をなくし、共有化を図ったことも 今回のコレクションの特徴。

現代美術家 Kengo Nakamuraとのコラボレーションにより制作したアイテムは、
顔文字をモチーフにした「Emoticon」・中村氏のアーカイブをコラージュしております。

SOICHIRO ITO
伊藤 壮一郎
1977年、東京生まれ。
1995年高校卒業後、渡英。
ロンドンに留学。98年に帰国後、青山学院で経済史を学ぶ傍ら独自で服作りを始める。
2001-2002年秋冬よりsoe"ソーイ"をスタートさせる。
2004-2005年 秋冬より東京コレクションデビュー。
2015年秋冬よりsoeディレクターに就任。
2015-2016年秋冬よりパリ メンズコレクションに出展し、2016-2017年秋冬よりsoe WOMEN"ソーイ ウィメン"スタート。

READ MORE

CLOSE

MENS

WOMENS

BRANDS

soe

th

Y-3

WOMENS BRAND

TAN

Uhr

Y-3