DESIGNER:
AKIRA NAKA
SINCE:
2007 -

AKIRANAKA

"attitude"を身に纏う

日々の生活の中で服を着た時に「この服でしか感じられない高揚感」「この服を着てしか見れない景色」 そのようなスペシャルな感覚と体験を得られるクチュール感あふれる服つくりを目指す。

2019SSのテーマは、「コート・ダジュール」
南仏のリラックスしたムードを表現したコレクションを制作。
コットンシルクやリネンレーヨンなどのラグジュアリーな天然素材をふんだんに使用し、様々なカラーパレットで構成されたコレクションは今までのAKIRANAKAになかった新しい美学を付加しています。
テキスタイルにおいてはリラックスを、カットにおいてはモダンさを表現した今シーズンは女性たちのデイウェアに新しいスタイルを提案し、ウィークエンドや旅先において彼女たちを特別に彩どるものとなっています。

AKIRA NAKA
中 章
アメリカ滞在中にテーラーと出会いデザインを始める。アントワープ王立芸術アカデミー在学中にイェール国際モードフェスティバルに選出。その後アントワープにおいてニットデザイナーに師事し2006年に帰国。2007年POESIEをスタート。21_21DESIGN SIGHTでの"ヨーロッパで出会った新人たち展"、ROCKET GALLERYでのエキシビジョン等インスタレーションでの発表を開始。09S/Sシーズンよりレーベル名をAKIRANAKAに変更し東京コレクションに参加。同年ベストデビュタントアワード受賞。テキスタイルの豊かさを強みとし、2016 SPRING COLLECTIONより"attitudeを身に纏う"をコンセプトにコレクションを展開。立体裁断による洗練されたシルエットのアイテムや、北欧と日本のハンドニット技術を掛け合わせたクチュールライクなニットを展開する。

READ MORE

CLOSE

MENS

WOMENS